YouTube、AppleMusic、Spotifyのおすすめがしっくりこない

新しい音楽を探したい時、どうすればいいのだろう?

YouTubeの「次の動画」、AppleMusicのおすすめ、Spotifyの「おすすめの曲」など、今はたくさんのレコメンドがある。

そこからたくさんのアーティストを見つけた。

しっくりこない感はつきまとう

しかし、なんか違う、しっくりこない感はつきまとう。

日本のアーティストは、特にしっくりこないことが多い。

レコメンドされているアーティストや曲が知っていることが多い。

それらは、私の思い込みでしっくりきていないかもしれない。

海外のアーティストのように新鮮な心で聴けるといいのかもしれない。

日本のアーティストだとテレビやTwitterの発言だけ知っていたりして、変な偏見があるかもしれない。

いや、ある。

しかし、思い込みがある場合は、曲を聴いても良いと思えないから、どっちにしてもしっくりこない。

データがビッグすぎる?

レコメンドは、ビッグデータから分析しているのだと思う。

YouTube、AppleMusic、Spotifyのそれぞれのユーザーの利用履歴を使っていると思う。

それだと、みんなの最大公約数になっていると思う。

例えば、私がAという曲を聴いているとして、Bという曲がおすすめされる。

そのBという曲は、Aを聴いたすべてのユーザーが聴いているの中で人気の曲だと思う。

10番人気はおすすめに出てくることはない。

けど、Bではないまったく違うCもあったはず。

私にはCが一番好きだったかもしれない。

ジャンル?

あと、すごく気になるのが、ジャンルが同じものをおすすめに入れているような気がすること。

ロックならロックを、ダンスならダンスを、ジャズならジャズをおすすめしているのではないか。

それならわざわざおすすめしてもらわなくても、自分で見つけることができる。

いや、おすすめされた時点で知っているものが多い。知らないのは新曲くらい。

精度は上がってくるだろう

今後、レコメンドの精度は上がってくるのだと思う。

テクノロジーはどんどん進歩しているから、絶対に精度は上がる。

しかし、YouTube、AppleMusic、Spotifyを使っている限り、日本人のアーティストや曲はそれほど期待できない気がする。

日本のユーザーは少ないからデータが少ないままだろうし、CDなどのフィジカルが売れている日本を重視することはあまり考えられない。

これは自分で作るのが良いのではないかと思い出している。

やってみたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク