ノヘナヘヲコが、カ・ルチャー!

Radio Sense Project

ジェニーハイとかSuperorganismとか

2018/03/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
2020年に音楽系のウェブサービスをリリースすることを目標にしてます。誰もが自分の好きな音楽をすぐに簡単に見つけることができるサービスになればいいなと思ってます。まずは、自分の好きな音楽は何かを知ろうとしています。

ジェニーハイの曲が出た。

『片目で異常に恋している』

楽しみにしていたけど、予想以上によかった。

良すぎて何度も聴いていて、iTunesの再生回数を見たら30回を超えていた。

何度も聴ける。

いつもと違うのが良い

小籔、クッキーのリズム隊がものすごく上品な音でびっくりでかっこよくて、なんか笑けた。

お笑いの時と違う良さがある。

あと、イッキュウの歌が良い。

歌謡曲っぽいのがいい。tricotとはぜんぜん違う魅力がある。

よりいろっぽく、ていねいな感じで、ボーカリストという感じ。

tricotはサウンドが先にくる感じがするけど、ジェニーハイは歌がくる。

いつもと違うバンドでプロデューサーが違うとこれだけ変わるんだと思った。

tricotにプラスになるといいな。

ジェニーハイのウェブサイト

参考記事

川谷絵音、くっきー、新垣隆らのバンド・ジェニーハイ デビュー曲が配信

絵音×イッキュウ×小籔×くっきー×新垣隆のジェニーハイ、デビュー曲を本日配信

多様

ジェニーハイは、多様なバンドだ。

お笑い、ミュージシャン。

お笑いとミュージシャンだけだと普通かもしれないが、お笑いでも変な2人だし、ミュージシャンの3人も普通ではない。

tricotは新しい活動の仕方をしているし、あとの2人はゴシップミュージシャンだし(笑)けど、ミュージシャンとしての才能は飛び抜けている。

普通にしていたら交差しない人たちだ。

違う文脈の人たちが作り出す作品は期待がどんどん膨らむ。

多様はトレンド?

多様と言えば、Superorganism。

Superorganismはざっくりと言うと、多国籍な人たちがネットを中心につながったバンド(私調べ)。

彼らの出会いが衝撃的。とにかく衝撃的。

この記事に書いてある→『Superorganism初来日公演直前!~日本を離れて暮らすオロノが語る、バンドのユニークさを形作るポップへの愛と野心

以下引用

彼らが日本ツアーに来るというので、ライブを観に行ったら仲良くなれて、その時は一緒に上野のハードロック・カフェや上野動物園に一緒に行ったりして、それ以来ずっとFacebookの友達で、誕生日の時にメッセージを送り合ったり、面白い動画をシェアしたりとかしていて。自分がSoundcloudにペイヴメントやウィーザーのすっごいレベルの低いカバーをアップしてたんですよ。それをFacebookに載せたら彼らが聴いてくれたらしくて、「才能がある」みたいなことを思っていただけたわけですね。そしたら、今年(2017年)の私の17歳の誕生日の次の日にメンバーのエミリーがメッセージを送ってくれて、「今度新しいプロジェクトを始めるんだけど、一緒にやらない?」みたいなことを言われて、彼らのことを尊敬してたんで、「やらせてください」って答えて。もう次の日くらいに「Something For Your M.I.N.D.」のデモを送って来てくれて、「まだ歌詞がないから録音して送って来てくれない?」って言われたので、多分土曜か日曜の朝だったんですけどベットで30分くらいで歌詞を書いてMacbookのしょぼいマイクを使ってGarage Bandで録音して、それを送り返して、出来上がりみたいな。そこから始まった感じですね。

こういう出会いで結成すると、自然に多様になる。ジェニーハイも番組の企画だから出会いは変だ。

Superorganismは今注目のバンドで、出会いや多様な感じも注目されている要素になっていると思う。

インターネットで国や人種を越えるようになった世界は多様な人がつながり出している。

だから、変な出会いや多様はみんな気になるんだと思う。

そこに無国籍な音楽が乗ると一気に気になる。

[clink url=”superorganism”]

多様はポップ

そういう人たちから出てくる音は、本当に変だ。変だけど、ポップ。

いろんなカルチャーが混ざると聴いたことがないものができる。

変な感触の曲たち。けど、多様であればあるほどポップになると感じる。

ポップな要素が、多様を束ねるんじゃないかと思う。束ねることができるのはポップしかないように思う。

ジェニーハイもポップだと思う。けど、やっぱり変だ。

ピアノソロもロックの文脈ではない。ポップな要素は万国共通かもしれない。

ポップであれば、あとは変でも大丈夫。変であればあるほど、ポップが活きてくる。

これからは、「多様」と「ポップ」かも。

この記事を書いている人 - WRITER -
2020年に音楽系のウェブサービスをリリースすることを目標にしてます。誰もが自分の好きな音楽をすぐに簡単に見つけることができるサービスになればいいなと思ってます。まずは、自分の好きな音楽は何かを知ろうとしています。

Copyright© Radio Sense Project , 2018 All Rights Reserved.