セキララすぎる

あるバンドのYoutubeの動画のコメント欄にこんなのがあった。

「メンバーは、ボーカルにおんぶにだっこだ」と。

他のメンバーはがんばっていない的なことが書いてあった。

自分のこと

これを書いた人がそうなんだと思う

会社や家族におんぶにだっこで生きているんだと思う。

最近、こういうふうに感じるようになった。

悪口言ったり、人に怒ったりする時の内容って、全部自分のことだ。

自分で自分自身が許せないと思っていることを他人に対して口を出してしまう。

私はそうだ

私は本当にそのままである。

悪口や愚痴や注意する時、そのほとんどが自分のことだ。

知り合いのSNSを見ると、悪口や他人に対しての注意の内容はその人のことである。

自分の会社の新入社員に対して「最近の若いやつはダメだ」という人は全部そうだ。

自分の会社に入ってくる人間はだいたい既存の社員に似ている。

彼らが言う「最近の若者」を私は見たことがないことが多い。

「そんな子、ほんまにいる?」と心の中で思っている。

似ているから気になるのだろう。

恥ずかしいこと

そう考えると、悪口言ったり、人を怒ったりするのってすごく恥ずかしい。

自分をさらけ出しすぎである。

セキララすぎる。

悪口や他人に対して注意したいことは、できるだけ心の中だけにしまっておいたほうがいい。

心の中にしまって言わないでいると、そう考えなくなる気がする。

熟考する

もちろん言わなければいけない時はある。

そんな時は、セキララすぎないかどうかを自分の中で何度も反駁して検証したらいい。

何度も何度も自問自答して、熟考したらいい。

そういう態度は好感が持てるんではないかと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。