久しぶりにブログ書く

こんにちは、はまじまです。

本当に久しぶりのブログ。前回は7月10日だったので、2ヶ月以上前。

なぜ、こんな長期間書けなくなったのか?

ブログはしっかり書きたい

それは、ブログを書くのがしんどくなったから。

このブログは自分の思ったことを書くだけなので、気軽に書けばいいのだが、どうしてもしっかり書きたいと思ってしまう。

しっかり書かないとブログを書く意味はないと思っている。

だから、しっかり書けるテーマを絞って熟考して書きたい。

書かなければテーマは絞れない

とは言っても、書かなければ文章は書けないと思ってる。

たくさん書くことで思考が深まりテーマについて熟考できるようになる。

問題は、時点で熟考し尽くしたと思えるかということ。

今考えているテーマはどのくらい深いのかがわかっていない。

だからテーマ自体が深すぎると答えを出すのに一生かかってしまうかもしれない。

例えば、「私とは何か?」とか「なぜ生きるのか」のようなテーマは答えが出ない。

テーマの大きさ、深さ

私がブログが書けなかったのは、テーマの大きさを測れなかったのが問題。

テーマの大きさをしっかり理解しなければいけない。

けど、テーマの大きさがわかることがない。

わかるなら、おそらく興味が持てないと思う。

興味がわかないと、さらにブログは書けなくなる。

今ある情報

おそらく必要なことは、その時持っている情報でしっかり考えることをすればいいのだと思う。

まだ見ぬ情報や考えを当てにして考えることを止めるのではなく、今持っている情報や考えで、その時点の最高の答えを出す。

その時点の情報をしっかり揃えることも重要だ。

現状で揃えることができる情報をすべて集めているかどうか?

私の自身経験で考えると、全然集めることができていない。

なんとなく今ある情報だけで答えを出そうとしてしまっている。

そんな中途半端なことをしているから答えが出せていないのかもしれない。

きっかけ

なぜ、このように考えるようになったか。

それは、清水潔さんの本を読んだから。

殺人犯はそこにいる」や「桶川ストーカー殺人事件―遺言」などです。

これらの取材をする時に、清水さんは常に今ある情報で、次につながる問いや行動を作っている。

清水さんの本を読むまでわかってなかった自分が不思議で仕方ないが、やっと理解できている。

何事も今ある情報で判断をしていかないといけない。

清水さんの本の感想(書評?)は、また別途書きたいと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。