個人ブログと会社ブログの使い分け

こんにちは、浜島です。昨日、寝る前にインディのアクセス数を見ていた。インディは私のいる会社です。

WordPressアプリの「統計情報」はよく見られている記事が多い順に並ぶ。それを週別、月別、年別と期間を拡げて確認してみた。

気づいたことがあった。

それは、ノウハウ系の記事が良く読まれていること。

「こうすれば良いですよ」とか「このツールはこんなふうに使うといいですよ」とかが書いてある記事のアクセスがよかった。いや、それ以外の記事はまったく読まれていないと言ってもいい。

そういうことか!じゃあ、個人ブログもそのアプローチにしてアクセス数を増やそう!

とベッドの上で燃えていた。

個人ブログはどんな記事が読まれているのだろうかと、一応、確認してみた。

なんてことでしょう!

ノウハウ系、情報系の記事は読まれていることは読まれているが、もっとエッセイ系(しょうもない系)も読んでもらってる。

期間を長くしてみると、ノウハウ系、情報系の記事はなくなっていってエッセイ系の記事ばかりになる。

どういうことだ?

いや、よく考えたら自分でもそうかもしれない。

会社のブログにノウハウや良い情報を求めているし、個人ブログにはノウハウや情報だけではなく考え方やものごとの捉え方も求めている気がする。

逆に会社にブログに考え方などの哲学が書いてあるとちょっと怖いと思うかもしれない。ブラック企業の臭いがしてくる。

探偵もののドラマだったら主人公がなにか閃いた時に見せる癖(まゆが上がるとか)のアップになるだろう。「こいつ、臭うな」という感じだ。

今のインディのブログがやばい感じかもしれない。なんか考え方とか、エッセイ的な文章になってる気がする。

意識していたわけではないが、迷いながら書いているからぼんやりしてしまっている。

比較的アクセスの多いノウハウ系・情報系のブログを見ているとスッキリした印象があるが、エッセイ系のブログにはモヤのかかった感じがある。

カモにされてる気がする

個人ブログはブログで、ノウハウ系・情報系の記事ばかりだと商売っぽさを感じる。

アフィリエイターっぽさとも言う。なんかカモにされている気分が押し寄せてくる。間違っている情報を文章の上手さだけで読まされている、あの感じ。

会社ブログと個人ブログは、読み手としてはあまり気にしたことがなかったけど無意識にモードを変えているかもしれない。

なんかスッキリ

これは、会社ブログと個人ブログの使い分けを悩んでいた私にとっては嬉しい気づきになる。

同じ人間が書いているのでどっちか一つに集中したらいいんじゃないかと思ったり、意識しすぎてブログ自体を書けなくなったりしていた。

これからはインディの会社ブログにはノウハウや良い情報を書こうと思う。

そのノウハウや情報は自分で実践したり経験したりしてある程度の成果が出ているものにすればいい。そうすれば信頼してもらえてリピートしてくれるかもしれない。

対して、この個人ブログには考え方とか、もっと言えば悩みなんかもあっていいかもしれない。そして、今まで通りエッセイ系も混ぜてもいい。音楽系のブログも引き続き書こうと思う。

なんかスッキリした。

ブログ

インディ株式会社でもブログを書いてます

東東京(台東区、墨田区)でホームページの制作運営、ウェブマーケをしています
スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。