始めるきっかけは自分以外から

最近、学生の自己PRを見ていて、「自己」とか「自分」とか「私」について考えるようになった。

これまでも、「私とは何か?」的な話題は好きだったので、自分では調べているつもりだった。

しかし、学生に役に立つようなことを発見しようと、しっかり調べてみると全然わかっていなかったことがわかる。

自分が好きで取り組むのと、人にきっかけをもらって取り組むのは、人にきっかけをもらったほうが理解度や真剣度が変わるんじゃないかと思う。

最近までは、自分自身が好きなことや、やりたいことに取り組むのが一番良いと思ってました。しかし、自分発信の興味だけでは、自分が満足できたら終わりなので、突き詰め方が浅くなるんじゃないかと感じます。取り組みに多様性がなくなってしまうような気がします。

何かを始めるときには、人に与えてもらったきっかけと、自分がもっている興味を掛け合わせると良さそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。