テンテンコ[Good bye,Good girl]

少し前からテンテンコが好きです。

なぜ、私はテンテンコを知ったのか。

これは自分でも本当に謎。Apple Musicで取り上げられていたのかな。YouTubeかな。最初はYouTubeで聴いていた気がする。

気になって、しばらくすると新しいアルバムが出た。『工業製品』という名盤。今、Amazonで調べたら2016年12月14日とある。

ちなみに、2016年末くらいから2017年初めにかけて、良い曲がたくさんリリースされていたんだなと思う。

今、過去のブックマークを調べてみるとこれが出てきた。

宅録にライブに生配信に 手軽で本格的なオーディオインターフェース

もしかしたら、宅録女子の流れで知ったのがかもしれない。そうなんです、私は宅録女子が大好きなので(笑)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

音圧

ただテンテンコに関しては、知れば知るほど「宅録女子」というマニアックなだけの存在ではなかった。

年末に出た『工業製品』がものすごく良かった。しかもメジャーからのリリース。

このアルバムは音がすごい。音圧がすごくて攻めている。

『工業製品』というアルバム名と、この音を聴いて、すぐに頭に浮かんだのは「インダストリアル」。で、「あっ、なるほど、インダストリアル・ミュージックだから工業製品か」と納得。

iTunesのジャンルも前のシングルは「J-POP」となっているが、『工業製品』は「Alternative」になっていることからも、このアルバムがわかる。曲は同じなのに、ジャンルが変わっている。

Good bye,Good girl

このアルバムの中で最初に好きになったのは、『Good bye,Good girl』。

ブンブンしている音の上に、メローな歌が乗っている。こういうのど真ん中。これを作る女子には惚れる。

放課後シンパシー

『放課後シンパシー』は、インダストリアルって感じ。いや、ジグジグスパトニックかも。MVもすごくかっこいい。コーラスはユニコーンの「人生は上々だ」を思い出す。

DOMMUNE

そんなテンテンコは、最近立て続けにDOMMUNEに出てた。

戸川純とレジデンスの回。両方でDJしていた。戸川純しばりDJとレジデンスしばりDJ。そのDJのときのTwitterとかYouTubeのコメントを見ていると評価が高かった。

私は戸川純はヤプーズしか知らないからあまりわからなかったが、レジデンスは好きなので彼女のDJの良さがわかった。テンテンコの前にDJしたMOODMANと全然違うレジデンスだった。なるほど、そういうレジデンスの聴き方があるんだな、とレジデンスがさらに好きになるDJだった。

こうして考えると、テンテンコはただの宅録女子ではなく、奥の深いアーティストだなと思う。

ちなみに

テンテンコは元BiSというアイドルだったよう。私は全然知らない。アイドルと思ってみると、かわいいなと思う。事前情報で人の見方って変わるよね。

あと、テンテンコの画像を探していたら、私と同じシンセを持っているようだ。Groove Box。あんまり売れてないと思う同じ機材を持っていると、さらに好きになるな(笑)。

情報/リンク

テンテンコ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。