適度

2年前くらいからダイエットのために運動をちゃんとやりだした。実際には3年前くらいからだけど、その時は「やってるつもり」くらいだった。

2年前くらいから定期的に運動をやりだして、1年くらい前からわりと激しめの運動をしていた。激しくやった成果としては、適正体重になった。

しかし、激しい運動が必要かといったら、そうでもない気がする。単純に普段の生活に支障が出てしまうように思う。

激しい運動をすると、栄養管理とか水分管理とか、ずぅーと意識していないといけないから大変。これは、年齢からくるもので昔はそんなに体調管理しなくても問題なかった。けど、今は栄養と水分をちゃんと意識して摂らないとビックリするくらいの疲労が残る。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

適度が一番

本当に最近、わかったこと。それは、適度が一番。なんでも適度が一番。もちろん仕事も。

運動については、適度な運動が一番寝れる。ものすごく激しい運動をした後も、けっこう寝れている気がするけど、それは気絶に近い。

美味しいものもたまにで良いし、仕事もたまに激しいのは楽しいし、人と会うのも適度がいいし。過剰なことはたまにだから面白い。普段は過剰でなくて良い。

ちなみに

ちなみに、私にとっての激しい運動は、別の人にとっては軽い運動かもしれないので、人による。私にとっての適度な音楽量は他の人にとっては過剰な気がする。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。