感じる情報

こんにちは、浜島です。水曜日にAsMuffinさんがマフィンを作り、マフィンを振る舞うというイベントがあったので横浜のBukatsudoに行ってきました。

Bukatsudoは横浜の方たちがよくFacebookなどに書かれているので名前は知ってましたが実際に行くのは初めてでした。すごくしっかりした作りで、コンセプトもちゃんとしててビックリでした。Bukatsudoという名前から勝手に「リアル部活動」をイメージしてました。

AsMuffinさんのマフィンは姉のディレクションとマフィン職人の妹のコンビで参加者を惹きつけてましたね。参加者の方の真剣なまなざしが新鮮でした。

 

なんかいいな

Yusaku Hamajimaさん(@yusakuhamajima)が投稿した写真 –

今回のイベントを主催されている方ともお話できたのでのですが、新鮮なことばかりで頭の中がリフレッシュされました。食べ物のことを仕事にするっていいなぁということを初めて感じました。

私は食に関しては、興味がある方ではなく普通に食べれたらいいわ、という感じです。しかし、おいしく食べるまでのストーリーとか含めてしっかり組み立てていくことにちょっと感動しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

よりプリミティブに

私の仕事はウェブのことです。なので、身体的なこととは遠い職業です。指先だけが動いていることが多いです(笑)。ウェブのことをずっとやっていると人間的なことを忘れがちなってしまいます。

私は最近、格闘技をしているのですが運動関連の仕事をしている人もいいなぁと思います。あと、6月ごろに病院に通うことがあったのですが医療も同じように感じます。

ただ、食、運動、医療の仕事は報酬が低かったりハードワークなものが多いので一般的には人気がない気がします。本当に好きな人だけがやる職業という感じに。

取り出せない情報

しかし、今後はネットによって情報がどんどん安価になって、ゼロに近づいていくにしたがって、これらの仕事の価値は一気に上がっていくように感じます。

情報が整理、テンプレート化されていけばいくほど、情報として取り出すことができないコトに注目が集まっていくように思います。食も運動も最近は作り方を紹介する動画が多くなってきてますが、目の前で見ないとよくわからないことが多いと思います。

ちょっと話はずれますが、私は昔ギターをしていまして、独学で練習しはじめの3ヶ月くらいは全然うまくなりませんでした。「もうやめよっかな」って思っていた時にギターを弾いている人を目の前で見たら、その瞬間から弾けるようになったことがあります。コードを押さえる指の形、手首の曲がり方、手の上下のスピードなど一気に理解したのかなぁって思います。ギターを弾いている人なんてテレビで何度も見てきたのにです。

情報化されない何か

食も運動もこういう情報として取り出しにくいことがあると思います。どれだけ分量や手順を項目に書き出しても、項目と項目の間のことは存在し続けていて、完全体の情報として残せない。どんなけ突き詰めていっても情報化されないことが残ると思う。

なので、情報化を突き詰めていけばいくほど、情報化されないコトとコトを繋いでいる何かが重要になってくるし、みんな知りたいと思うんじゃないかなぁと思います。

yhblog-image20160923

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。