今のスタイル

ゲスの極み乙女。

ゲスの極み乙女。がいいなぁと思って聴いてたら、やっぱりどんな人たちかなぁと思って、Wikiを見たら、メンバーはこのバンドだけではなく、いろんなバンドに所属している。自分の所属しているバンドの1つがたまたまメジャーデビューした感じなんだろうか。こういうスタンスっていいですよね。昔見たいにいちいち解散しなくてもいいよね。

ミュージシャンのスタイルに対して寛容になって、多様なスタイルがオッケーになってきているんだろうな。いいよね。

BABYMETAL

なにげなくTwitterで見て、興味半分で聴いていたら、、、

私の年代の人間にとっては、入りやすい!(笑)AKBのようなアイドルすぎるのなかなか入るのは難しいけど、Metalであれば聴ける!

Perfumeの時も「あ、これなら聴ける」と思ったけど、Babymetalはこれなら聴ける感がハンパない。

古いジャンルの音楽の正しい使い方のように思う。

なつかしのGontiti

ゴンチチの代表的な(?)ナンバー。

仕事でイヤなことがあって、急に聴きたくなって聴いてみたらやっぱりよかった。

この曲が聴きたくて探そうとして、「あれ、曲名知らないわ、、、」ってなりました。

今度、ギターでコピーしたいなって思ってる。

カーネーションのEdo River

カーネーションの代表曲なのだが、最近聴きました。私の中でカーネーションは『夜の煙突』を歌うバンドになってしまってました(笑)

この曲ってものすごく感動するんですが、どの部分に感動しているのかが、自分でもぜんぜんわからないんです。淡々と日常を歌うことで何かが心に届いているのですかね?

ミセスマーメイド

今さらですが、チェッカーズです。

最近、Youtubeでなぜか関連動画でチェッカーズが出てきたので何気なくクリックしてきいてた。さらに、その動画の横に見慣れないタイトルの曲がありました。それは、「ミセスマーメイド」です。どんな曲だったかなぁと思って聴いたらよいではありませんか!

チェッカーズのアイドル時代も好きですが、やっぱり後半のチェッカーズが最高なのです。オリジナルメンバーによるオリジナル曲時代ですね。

当時はミセスマーメイドのような曲は大人過ぎて、子どもの私には速すぎたのかもしれません。この時のチェッカーズのような曲を作るようなバンドってあまりないですよね。ぱっと思い出すのは、Great3とか。こういう曲のバンドが定期的に出てくるようなシーンになったら日本の音楽も楽しくなるのにね。

Party Life

昔、LOOKというグループがいて、私もちょっとだけ聴いてた。本当にちょっとだけしか聴いてなかったのですが、そのLOOKの『Party Life』という曲が頭から離れなかった。『Party Life』だけはテープがすり切れるほど聴いた気がします。

LOOKは『シャイニン・オン君が哀しい』が有名で、検索してもこの曲が多く出てくる。けど、ポップで明るい『Party Life』がいい。

リエゾン・ダンジェルーズ

リエゾン・ダンジェルーズって、電気グルーヴを好きだったこともあってものすごく聴いてみたいバンドだったけど、当時、大阪の田舎少年だった私は手に入れられなかった。

しかし、今はYoutubeという魔法のメディアがあるから聴くことができる。かっこ良すぎるよね。若返るよね(笑)

Listen!

バービーボーイズが最高です。

私は13才の時に、テレビでバービーボーイズの「泣いたままでListen to me」を聴いて、アルバムを揃えて、ハードリスニングしてました。

けど、そのあと5枚目のアルバムくらいから、あまり「好きだぁ〜」って感じじゃなくなった。知らないうちに解散したイメージがあった。

最近は、昔とは違っていろんな動画が観れるので、バービーボーイズをあさって聴いている。やっぱり良いんですよね。今でも似たバンドは出てきていない。

ネットでバービーボーイズを調べてみたら、けっこう暗い人たちでした(笑)当時のような人気者になったことが良くなかったのかも知れないですね。

そして、私もその暗さに魅かれたように思う。

61T1D73JP+L

Daft Punkを考える

ちょうどDaft Punkを考えたいなぁと思っていたところに、良い記事が舞い込んできました。

[Power Push] Daft Punk「Random Access Memories」山口一郎インタビュー (1/3)
http://natalie.mu/music/pp/daftpunk

Daft Punkがグラミー賞を取ったことはかなり意味があると思ってます。ファーストアルバム「Homework」のころにグラミー賞を取るなんて思っても見なかったです。

とは言っても、私がDaft Punkにハマったのは「Discovery」からです。発売前の「Discovery」をクラブで聴いて驚きました。良すぎる!その場には100人くらいいたと思うのですが、全員「One More Time」に熱狂してました。発売前だから、だれもDaft Punkだとは知らなかったのに、熱狂してました。朝方に角の方で寝ていた女の子もDaft Punkがかかったら起き上がって飛び上がってました(笑)

昔からDaft Punkの音楽には人を熱中させるものがありました。けど、やっぱりマイナーだったと思います。いや、グラミー賞を取るまでは、つい最近までマイナーだと思ってました。グラミー賞はびっくりしました。

この記事ではStardustの「Music Sounds Better With You」も出していて、確かにこの頃から今のアプローチだったなと改めて思った。マイナーからメジャーになったと思っているのは、私だけでDaft Punkの2人はずっと同じ方向性でやっていたのかもしれない。

今のフランスの音楽シーンの熱さとDaft Punkの活躍は今後も相関すると思うので注目したい。

スクリーンショット 2014-02-25 1.01.37

No Future

No futureと歌いながら未来を感じる(笑)

すごいことをしてないんだけど、なんでこんなにもかっこいいんだろう。マルコムマクラーレンは、このバンドに何をしたんだろうか?

パンクの父、マルコム・マクラーレンが遺したもの【前】

NYパンクのカスをロンドンに輸入し、チェルシー派閥、パリのアヴァンギャルド、英国のミュージックホールとかけ合わせるなんて大胆なウィットをもった人物はほかにはいなかった。過去のサブカルチャーを繕い合わせて作ったパンクは、未来のすべてのサブカルチャーのひな型になった。

この文章、かっこいい。彼がピストルズを作ったのか、彼のストーリーをピストルズに演じたのか、知りたいなぁ。

スクリーンショット 2014-02-24 1.59.12