絶景クジラ

tricotのBAKURETSU RECORDSなので聴いたが、想像以上によかった。

バイアスばりばりで聴くとtricotっぽいと思ってしまうが、また違う魅力がある。ギターがかっこいいのが似ているのかな。

Tempalay 「革命前夜」

tricot経由でTempalayを知った。

「革命前夜」をまず知って良いなと思って聴き続けている。

かっこいいんだけど、なぜかっこいいのかは良くわからない。

そう思っていたけど、動画を見たら、空気感がわかった。

映像って大事だなと改めて思った。

TOP

桐島、部活やめるってよ

改めてハマってます

上映されたときも観に行って感動してましたが、今改めてハマってます。

DVDのオーディオコメンタリーとか、YouTubeとかで、いろんな見方や考えかたを知れるのですごくはまれる。あと、DVDについてる小冊子。これもいい。

本との併用

この作品の良いところは本を一緒に読んでもよいところ。映画では登場人物たちの心の中は全然出てこないが本は心の中が中心になってる。それを読むと映画も新たに楽しめる部分がある。

深掘り

上映されてからもう5年くらい経つのですが、深掘りすると何でも観れる。

実存主義

YouTubeで町山さんのコメントを見ると「実存主義」について語られてる。私は宏樹のこの部分に共感したな。映画館で観た時は特にその部分に感動した。感動したというかそこにしか気がいかなかった。

キリスト

あと、中森明夫さんの「キリシマ=キリスト」説。これはオーディオコメンタリーだったり、監督のコメントを聞くと違うことがわかるんだけど、この見方はすごく面白い。

他の映画とか作品ももっと深掘りできるんだろうな

SPA!みたいな媒体

SPA!みたいな媒体を作れると面白いかも、、、と思ってます。

SPA!とかテレビブロスみたいなことができれば、面白いかもですね。世の中を斜めにみたり、良いとされていることの影の部分を書いてみたり。

悪口にならないようにしないといけないですが、、、おもしろおかしく、世の中を見る視点を表現できればなぁと。

そうすることで、救われる人も多いよね。私はSPA!とかブロスをたまに読むことで心がすっきりします。