2017年1月のプレイリスト

今月のプレイリストを書き出してみた。プレイリストは将来の自分に向けて記録している感じなので、音楽の趣味が合わない人はぜひスルーしていただきたい。

年末にApple MusicにしてiTunesで音楽を聴くようになってプレイリストもiTunesにしたんで、それを書き出した。

厳選した50曲。このプレイリストをシャッフルで聴いていて、どの曲がどの順番できても「おっ!」ってなってドキドキできる。星野源多め。

来月はどんなリストになっているだろうか。

2017年1月28日時点のプレリスト

曲がリリースされた年代別に分けてみたんだけど、なんか新鮮な発見がたくさんあった。

このプレイリストに入っている曲は、古いのから新しいのまでの期間は14年間くらいあるんだけど、その時間を感じない。ナンバーガールのライブは古く感じる時がくるのだろうか。

2017年リリース

宇多田ヒカルはシングルの4曲がまるまるプレイリストに入ってる。宇多田ヒカルは好きだが、それ以上にPUNPEEが好きなので。そして、Suchmosも中田ヤスタカも良い。2017年は期待ですな。

  • A.G.I.T.:Suchmos(YouTube
  • Crazy Crazy(feat. Charli XCX & Kyary Pamyu Pamyu):中田ヤスタカ(YouTube
  • 光(Ray Of Hope MIX):宇多田ヒカル(YouTube
  • 光(P’s CLUB MIX):宇多田ヒカル
  • Simple And Clean(Ray Of Hope MIX):宇多田ヒカル
  • Simple And Clean(P’s CLUB MIX):宇多田ヒカル
  • Autumn Nightmare:ent(YouTube

2016年リリース

2016年の曲はフューチャリングが多い。私がフューチャリングが好きなのもあるが、それにしては多い。buck numberはフューチャリングじゃないけど、私の中では映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』に紐付いているし、曲のみを聴いている感じはしない。

この中でオススメなのは、chelmicoとZOMBIE-CHANG。2組とも女性(若い)なのだが、この世代がかっこいい音楽を作っていくのだろうなと感じる。

  • 恋:星野源(YouTube
  • Continues:星野源
  • The Great Journey(feat. RHYMESTER):KIRINJI(YouTube
  • 恋の気配:KIRINJI
  • 夜を使いはたして feat. PUNPEE:STUTS(YouTube
  • The Cut(feat. RHYMESTER):Base Ball Bear(YouTube
  • 祭りのあと(2016 Version):Base Ball Bear(YouTube
  • ハッピーエンド:back number(YouTube
  • All Night(feat. Knox Fortune):チャンス・ザ・ラッパー
  • 24K Magic:ブルーノ・マーズ(YouTube
  • Oh, Baby!:chelmico
  • Summer Holiday:chelmico
  • Goodbye My Love and Turn Around:ZOMBIE-CHANG(YouTube
  • Lemonade:ZOMBIE-CHANG(YouTube
  • Shangri-La:チャラン・ポ・ランタン(YouTube
  • NEKO feat.呂布/MUD from KANDYTOWN:OKAMOTO’S(YouTube
  • C’est la vie feat. 七尾旅人:Kan Sano(YouTube
  • Mint:Suchmos(YouTube

2015年リリース

2015年は星野源多め。『YELLOW DANCER』が素晴らしすぎたよね。何度も聴いても何かを感じることができる。2016年の『恋』でさらに発展しているのがすごい。

  • 地獄でなぜ悪い:星野源(YouTube
  • Crazy Crazy:星野源(YouTube
  • 桜の森:星野源
  • SUN:星野源(YouTube
  • 時よ:星野源(YouTube
  • Week End:星野源(YouTube
  • Kids in the Park feat. PUNPEE :RHYMESTER(YouTube
  • Holiday:Sugar’s Campaign(YouTube
  • 聴きたかったダンスミュージック、リキッドルームに:サカナクション
  • セ・ラ・ヴィ ~女は愛に忙しい~:土岐麻子(YouTube

2014年リリース

Pharrell Williamsの『Happy』は、古くならない。元々、古さも取り入れているから古くなりようがないのかな。

『The Moon Song』は、ずっと映画映画『her/世界でひとつの彼女』の中で歌われているFilm Versionを聴いていたが、仕事中とかに突然映画の世界に引きずり込まれて心に負担がかかるのでこのプレイリストには入れていない。けど、本当は今一番好きな曲かもしれない。

  • The Moon Song(Studio Version Duet):Karen O & Ezra Koenig(YouTube
  • Happy(From “Despicable Me 2”):Pharrell Williams(YouTube

2013年リリース

2013年はDaft Punkが以降のブームを作った年なんだと感じる。

  • 化物:星野源(YouTube
  • Get Luck(feat. Pharrell Williams & Nile Rodgers):Daft Punk(YouTube
  • m3nt1on2u feat.オノマトペ大臣:tofubeats(YouTube
  • NICE DAY feat. BEAT CRUSADERS:RYUKYUDISKO

2012年リリース

「テイラー・スウィフトって!テラスハウス!古いな!」と思われた方、そのとおり。最近、何かのタイミングで耳にして心奪われた。すごい時間差(笑)。

  • 夢の外へ:星野源(YouTube
  • We Are Never Ever Getting Bak Together:テイラー・スウィフト(YouTube

2011年リリース

安藤裕子版の『ぼくらが旅に出る理由』は、私の中で、小沢健二の代わりではない。小沢健二とは違う声、違う演奏だが、同じテーマがちゃんと届いてくる。

  • ぼくらが旅に出る理由:安藤裕子(YouTube

2010年リリース

フジファブリック『若者のすべて』は、これも最近心に響いてきた曲。もちろん曲は有名なので知っていたし好きだったが、7年経った今、突然心に刺さってきた。

ないかな ないよな きっとね いないよな
会ったら言えるかな まぶた閉じて浮かべているよ

特にこの部分は、最近の私のテーマをそのまま表現したようで、ちょっと驚いた。「言いたかったことは、これ!」って感じで。

  • 若者のすべて:フジファブリック(YouTube

2009年リリース

電気グルーヴ『Shangri-La』は売れた時とは違うミックスで今となってはこちらの方が聴きやすい。売れた時の今聞くとちょっとアッパーすぎる感じがする。

  • Upside Down:電気グルーヴ(YouTube
  • 雨のワルツ:持田香織とSAKEROCK
  • Shangri-La(Y.Sunahara 2009 Remodel):電気グルーヴ
  • でたらめサンバ with SAKEROCK:コトリンゴ

2008年リリース

  • 千のナイフと妖怪道中記:SAKEROCK
  • モノノケダンス:電気グルーヴ(YouTube

2003年リリース

ナンバーガールの曲って今の方が売れそう。ちょっと早かった気もするけど、当時もちゃんと売れているから、いつでもちゃんと届くのだろう。

YouTubeでナンバーガールを検索すると、アーティストが好きなアーティストなんだなと思う。有名なアーティストがナンバーガールを語り続けるからずっと人気があるのだろう。

  • Omoide In My Head:Number Girl

playlistプレイリスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。