読まれていない記事を削除した

こんにちは、浜島です。ブログの運営をちゃんとしようと思いだして3週間くらいが経った。

3週間と言っても、最初の2週間はよくわからないままだったけど、、、最近になってどこに向かえば良いのかがわかってきた感じ。

とにかく奥が深い。

ブログのアクセスアップは、経営のようだ。

ブログで月に何百万も稼いでいる人は経営とかマーケティングとかを熟知したプロフェッショナルなんだろうな。

私はこれまでも一応アクセスアップをしていたけど子ども騙しだったなとつくづく思う。ちょっと結果が出てしまっていたから舐めてしまっていた。

この3週間くらいで、「ちょっとやって、ちょっと結果を出す」の延長上にプロフェッショナルがあるのではなく、まったく別の道を歩かないとプロフェッショナルにはたどり着けないというを理解した。

読まれない検索されない記事を削除

私のこのブログはわりと古い。4年前くらいに設定して公開している。

普通なら4年間もブログをしていれば、かなりのページビューがあるだろう。しかし、私のブログはまったくと言っていいほどガラガラだ。

のんきなことを言ってられない

理由ははっきりしている。

ブログを定期的に書いていないし、書いたとしてもメモの延長のようなものだった。

ブログ自体のテーマを決めることができなかったので方向性もないし、タイトルもコロコロ変えていた。

そんなブログをGoogleが評価するのか。しない。

評価どころか私のやってきたことは、怪しい業者のような感じだ。そんなんだから、アクセス数も上がらなかった。

いや、「上がらなかった」と呑気なことを言ってられない。

今、定期的にブログを書き出してもアクセス数が上がらない。

「ブログを書いていると言っても、まだ2週間くらいでしょ?まだまだ時間はかかるよ」と思うでしょう。

私もそう思っていたが、一緒にアクセスアップに取り組み出したインディ株式会社のウェブサイトは少ないながらも着実にアクセス数が伸びている。

改善しよう

おそらく今までの私の怠惰をGoogleが見抜いているのだろう。

どこで見抜いているのか。

調べてみるとポイントはたくさんあるのだけれど、今すぐにやらないといけないことがわかってきた。

それは、過去に書いた「価値のない記事」を削除すること。

Googleは記事ごとに評価をしているように思うが、サイト全体の評価もしている。私のこのブログは過去の価値のない記事がたくさんあるのでGoogleとしても評価が低くせざる負えない。

ということで、まずは価値の低い記事の削除をすることにした。

どれを削除するか

価値のない記事をどう判断しようかと考えた。

まずは作業が楽なことからはじめようと。

過去に読まれていない記事をGoogle Analyticsでソートして、それを削除することにした。

ブログ記事の総数は、2017年5月13日現在、公開済みが245記事。

それらの記事を、2016年4月から2017年3月までの1年間でページビューが1回以下の記事に狙いを定めた。

それらの記事を見ると、確実に価値のないものばかりだった。自分でもひいてしまった(笑)。

Twitterのつぶやき以下のものが多い。

削除していって残ったのは、227記事。

削除したのは28記事だが2〜3ページビューの記事たちはたくさんある。これらがGoogleの評価を下げているのは間違いない。

評価もされてる

逆にわかったのは、まじめに書いたのはちゃんと読まれていること。

それはすごく嬉しいことだったし、これからのまじめに書く動機になった。

その記事にかけた熱量がそのままページビューにつながっている気がした。

別れがつらすぎて

ちなみに、どうしても捨てれない記事があった。それは、もちろん私の思い入れが強い記事である。

その記事が読まれていない理由もわかった。情報でもないし、ノウハウでもないし、熱も感じない。

私の思い入れが文章に反映されていない。それは改善できそうな気がしたのでリライトして救い出そうと思ってる。ゴミ箱から出してきて、ほこりを払ってみようと思う。

何が悪いのかの仮説

ところで、何が悪いのか?

まだ整理できていないけど、メモしておく。

  • とにかく記事が短い(500文字以下)
  • 見出しがない。文字がびっしりで読みにくいし、もちろん構造化された文章でない。
  • あったこと、思ったことがそのまま書かれているだけ。知見がない。
  • タイトルがわかりにくい。タイトルと内容があっていない。

個性、特徴が必要

まぁ、全体的にテキトウ感が出ている。

Googleに見透かされているかのようでなんか恥ずかしい(笑)。Googleさん、何でわかってしまうんでしょうか。

いや、これこそ集合知なんだろう。

みんなの集合知で「しょうもないブログ」を察知している。

ただの情報だけではダメなのがわかった。みんなが知っていることをそのまま書いただけではダメ。多少でも自分なりの目線がないといけない。個性や特徴が必要だ。

情報でも良い場合は、現場に足を運んだりしないといけない。現場の空気を記事に持ってこれるなら情報だけでもいいと思う。

追記:2017年5月14日に1年間で2回(2PV)しか読まれていない記事も削除した。

ブログ記事削除

私について

http://nohenahewoko.com/profile/

インディ株式会社でもブログを書いてます

http://indee.co.jp/blog/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。