学びを設計する

「学びを設計する」。まさか自分が”これ系”の言葉を使うとは思っても見ませんでした。

しかし、最近、経営の本とかアクセス分析の本とかを読んでいる中で感じたのは、「重要なのは学びを設計する」ということでした。

なぜ、学びを設計しないといけないのかと言うと、時代のスピードが速くなっているからです。仕事をしているだけでも新しい考え方やフレームワークが出てきます。それらを「よしっ!今週末に図書館に行って勉強するぞ!」とか思っていても、週末になるまでにたくさんの考え方や出来事が出てくる。

まとめて勉強する、というスタンスではなく、新しいことに出会った瞬間に吸収できるような準備や自分なりの学習フレームワークが必要だと思う。

「学びを設計する」。これは今切実な課題だと思う。今の私の最重要課題である。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。