今と昔のアウトプット

こんにちは、浜島です。私は、学生時代は音楽狂でした。

専門学校時代は、学校が心斎橋にあったこともあって、ライブハウス的なところ(レコード屋の2階にあるスペース)に定期的に出てました。

そこに出るときは、オリジナル曲を作って出てました。曲を作るのは楽しくて、曲を作っているときはゾーンに入って気づいたら朝だった、みたいなことが頻繁にありました。好きなものに対する集中力はあるな、と十代の私は思ってました(笑)。

その時に作っていたお気に入りの曲に似ている曲を見つけたので思い出に浸ってました。似ているけど、クオリティはまったく違いますよ!

時代が進化している

この曲はメロディもほとんどなく淡々と進んでいくのですが、私が曲を作っていた時代は、歌があってサビもしっかりないとあまり聴いてもらえなかったです。この曲はすごく似ているのですが、歌もないし、サビ的な部分もないし、最後の落としどころが違うなぁと。

それは、ネットがあってアウトプットがライブとかCDではないからなんだろうなぁとしみじみと感じました。20年前に今と同じくらいネットのインフラが整っていたら、自分はどんなことをしていたのだろう?。SoundcloudとかYoutubeみたいなアウトプット先があったらどんなことをしていたんだろう?

あの時の音楽仲間だったらライブはしてないかもなぁ。

追記:良い曲だったのでTwitterに流したら、この曲を作った人から「ふぁぼ」があった。これも「今」ですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。