発見メモ

ずっとたいへんだったんで、ブログが全然書けてなかった。

一応書いてはいたがちょっとしたメモ程度になっていた。メモ程度でも書いていると後で振り返った時に今が思い出せるので、まぁ何もないよりは良いかなと思っている。

しかし、ただメモをしているだけでは、実際のところ後で見ても何も思い出せないことが多い。

それは、おそらく何も考えずに書いてるからだろう。たとえ短い文章であってもしっかり考えて書けば後で見ても思い出せるんだと思う。

さっき、梅棹忠夫『知的生産の技術』を読んでいると、メモを「発見の手帳」として書いているようなことがあった。これは、よい。

メモの一つ一つを「発見」として扱うと、メモを書く時にちょっと構成すると思うし、あとで見る時も発見として見ることができる。

この発見をメモをすることと同じように、他にもこういう技術があるだろう。そういう技術を身につけていけるといいな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。