電気グルーヴが起点になった

こんにちは、浜島です。電気グルーヴは私が高校を卒業してからオールナイトニッポンでハマってから、ずっと好きなままです。

私の人生の分岐点はいくつかある。私はもう40代である程度生きているのでドラマチックな分岐点もある。けど、大事な思い出にしているわけではない。

一番大きな分岐は、18才の時に「電気グルーヴのオールナイトニッポン」を聴いたことだ。

あの体験ですべてが変わってしまった。

それまではある程度の進学校にいたので、浪人して大学を目指す予定だった。しかし、電気グルーヴのオールナイトニッポンを聴いてしまったことでそんなことどうでも良くなってしまった。

もっと面白いことをして生きていきたいと思ってしまった。

結局大学には行かずに、専門学校でエディトリアルデザインを学ぶことになった。

高校時代にも雑誌を作りたいとか思っていたけど、出版社はほとんど東京にあるし、技術を身につけるのも学校に行かないし、その学校はめちゃくちゃ高いしでなんとなくあきらめていた。

電気グルーヴの存在を通して、コンピューターでのクリエイティブを知った。コンピューターのイメージは私も一般的なイメージを持っていて、人間味のない否クリエイティブなものだと思っていた。

しかし、電気グルーヴの示したコンピューターのイメージはまったく違った。とにかく、クリエイティブだったし、本人たちはかっこつけた雰囲気もないどころか人間味たっぷりだった。

そして、彼らを通じて知ったのはアンダーグランドなクリエイティブだ。

CMとかアートとかと違う世界が広がっていた。本当に魅力的だった。私の求めていた世界があった。

とりあえず、今日はここまで。また追記予定。

電気グルーヴ
http://www.denkigroove.com/

これから徐々に更新していく予定だけど、電気グルーヴの項目は長くなりそう。

KARATEKA

最初に聴いたのはアルバム『KARATEKA』で、ラジオのファンだったから聴いただけだったんですが結構ポップで普通に聴き始めた。

そっからはリリースごとに聴いてます。

FLASH PAPA MENTHOL(フラッシュ・パパ・メンソール)

このアルバムはあまり話に出てこないけど、かなり名盤だと思ってます。

特に、これ。『カフェ・ド・鬼(かなりおもしろい顔MIX)』。ハードコア・テクノの存在はまったく知らなくて、これを聴いたので一気にテクノが好きになってしまいました。

Denki Groove(電気グルーヴ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。