技術とブランク

最近、仕事でもちょっとした会話でも、意味や理由を考えることを意識している。

そう思って生活していると、そんな話も多くなる。そんな話が多くなったのか、それとも自分が話題にしているだけなのか、それはよくわからない。

意味や理由を考えると、いろんなものが違って見えてくる。

「この人、好きだな」と思うような感情的な分野と思われているようなことも変わってくる。自分の考えや行動についても、他者についても、深く理解するようになったんだと思っている。

そんなふうに生活していると、文章、音楽、写真、映像のようなクリエイティブなものについての見え方も変わってくる。どういうふうに見え方が変わったのかは、今後このブログで書いていこうと思う。

ちなみに、音楽好きでたくさんの曲を聴いているから音楽で気づくことが多い。いろんな曲を聴いて、作り手のインタビューやその曲について調べたりしている中でわかったのだが、長く活躍している人ほど作った意味とか理由をちゃんと語っている。語っていなくても、音楽以外の活動で表現していたりする。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

技術とブランク

で、いま、自分でもいろいろ作っていきたいなぁと思うようになってきた。

一応、私はWebデザイナーであり、過去はエディトリアルデザイナーであった。今もそうなのだが、この10年間ほどデザイナーではなかったため、「技術」のレベルがかなり落ちている。

反応スピード

技術とはPhotoshopとかIllustratorなどのアプリケーションの扱い。単純にアプリケーションのバージョンが新しくなって、使い方がわからない機能があったりする。

もちろん、基本的な使い方はわかるので、まったく使ったことがない人のようにゼロからしなくても良いが、反応スピードが遅くなってる気がする。

「ここをこうしたい」と思ってから手が動くまでのタイムラグが長くなってるように思う。スポーツで感じる、あのタイムラグ。バスケとかサッカーでよくあるルーズボールにちょっと遅れる、あの感じ。

技術

あと、最近考え方が変わったことがある。それが、「技術」について。

今までの私の「技術」についての考え方は、何かを実現するためのものだったように思う。実現することがなければ、特に必要のないもの。

しかし、それが大きく変わったのは、「人間と機械のあいだ」など、石黒浩さんの本を読んでから。

「技術」は、自分の能力の置き換えであり、自分の強みや個性の拡張なんじゃないかと思うようになった。

自分は、どういう技術をつけるのか、どれくらいその技術を極めるのか、など個性のかたまりだと感じるようになった。そう思うと、まだまだ中途半端な技術であっても、私が今持っている技術が愛おしくなってきたのだ。

クリエイティブ1000本ノック

こんなふうに考えていると、改めて技術力を高めていきたいと思うようになった。とにかく、今までやってきた技術系のことをちゃんと意味や理由を考えながら高めていきたい。

で、さっそく作りはじめた。

creative1000bon-01

これは、ただ2枚の写真をコラージュしただけだ。さあ、作ろうとしてから5分間くらいで作ってみた。

この程度でも、イメージしてから作り出すまではタイムラグがある。昔だった無意識に作り始めれたと思う。

技術を取り戻し、さらに強みにするためには、とにかく量をこなさないといけないなと思ったので、大量に作り続けたい。

意味や理由

もちろん、ただ大量に作るだけだと意味がない。

なぜ意味がないのかというと、制作の意図や方向性に沿って作ると、いろんな制約が出て来る。その制約を超えるために技術が必要になって、その技術が伸びる。制約は必要だ。

今は、簡単な制約を自分で設けている。

Pinterestなどで写真や動画を大量に見て、こんなのを作りたいとイメージし、そのイメージを固める。そして、そのイメージを表現していく。

そのイメージには、視覚的ものだけではなく、意味が理由が必要だと思っている。視覚的な良さなんてどうでもいいと思っているかもしれない。

良い感じの自分

ブログと同じように、この作業も毎日続けれたらいいなと思う。いや、毎日は無理か。昨日もブログ書けなかったし、3月からはブログは毎日は難しくなる。

しかし、自分が思う「良い感じの自分」になるためには、今がんばらないとと思う。

やっぱり、私はクリエイティブな人でありたいなと最近すごく思う。私の思うクリエイティブとはどんな状態かと言うと、コンセプトやテーマなどを作り動かしていくトップダウンの能力と、現場で手を動かして作り上げていくボトムアップの能力がある状態。

自分で曲も作っているけど、ギタリストとして他のバンドのサポートメンバーでもある、みたいな感じ。私の好きなミュージシャンはほとんどそれだな。最近の若いミュージシャンはみんなそうかも。

音楽も作りはじめてるので、乞うご期待!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。