外の世界とつながる

こんにちは、はまじまです。

最近、ブログを毎日書いているので、「ブログを読んでますよ」と言われることがある。すごく嬉しい。

今一番嬉しいことは、その言葉を聞くことかもしれない。

なぜうれしいと思うのだろうかと考える。

もちろん今一番チカラを入れているものがブログだから、それを見てもらえると嬉しい。「あ、ちょっとアクセス数が増えるな」という冷めた感情ももちろんがある。

けど、「ブログ見てますよ」と言われると嬉しい。嬉しいよりも「ありがたい」という感じかな。

これは何の感情だろう。

最近、ずっと不思議に思っている。

わかってもらえない

ブログを書く時にいろんなテンプレートを参考にしている。SEO的に良い文章を書くためのものだ。ビジネス文書が基になっているものだ。

そのテンプレートを使っている内にある考えが生まれてきた。

SEO的に良い文章とは、読む人がわかりやすいということだ。SEOはたくさんの項目があるが、大事なのはわかりやすく読みやすい文章にしようということだ。

私は、わかりやすく読みやすい文章というのが書けない。テンプレートに沿って書いているのにわかりやすく書くのができない。

なぜ書けないのか。

理由は単純で、今まで「わかりやすく読みやすい」ということを意識したことがなかったから。わかりやすいということ自体、否定的だったかもしれない。

私は自分の世界が大事で他人の世界は無視してきた。

それで良いと思っていたし、変える必要もないと思っていた。

しかし、それではダメだと思ってきた。

仕事に支障があるのはもちろんだが、自分の世界だけで生きていても面白くなくなってくる。若い時は自分の世界だけでも面白いが、40代では面白くない。

外から刺激を受けてこそ、なにごとも面白くなるのだ。

世界が広がる

外からの刺激をもらうことが、面白いと思ってくなってる。

今はまだ文章がわかりにくいので反応は薄い。あっても知り合いだけだ。知り合いも「見てますよ」という言葉だけだ。

「見てますよ」宣言をしてくれたということは、一応ブログの内容は理解してくれたのだろう。内容が理解できなければ宣言をしないと思う。

今後ブログをたくさん書いて修行を積むと、わかりやすい文章が書けるようになってコメントももらえるようになるだろう。

私が書いたことに賛成であったり、反対であったり、どちらでも私を刺激してくれるだろう。

私の狭い世界を揺さぶって、世界を広くしてくれるんだと思う。

外の意見を聞くことで、さらに刺激を受けれる。

外からの刺激を受けてブログを書くのは、さらに面白いだろう。

世界外

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。