脳に刺激が足りない?

昔に何度も何度も聴いた曲を今聴きなおした時、昔の記憶が一緒に出てくる。脳のどこにどのように格納されていたのだろうか?

昔の記憶が出てきた時は、なんか、、ものすごく変な感じがする。こういうよくあることはもう研究されていると思い、ちょっと調べてみたら、簡単にそれっぽいのが出てきた。

昔の曲を聴いて“懐かしさ”を感じるのは、“メンタル・タイムトラベル”のせい

名古屋大学の川口潤教授によると、そもそも「懐かしさ」を感じる記憶は特殊なものだそう。普通は最近の記憶が鮮明で、過去になればなるだけぼんやりとしていくもの。しかし、懐かしさを感じる場合はただ思い出すというより、何かしらの刺激で過去を再体験する意識状態“メンタル・タイムトラベル”になるため、鮮明になるというのです。

何かしらの刺激で過去を再体験する意識状態メンタル・タイムトラベル」!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

過去の再体験

かっこよすぎる!

「過去の再体験」というキーワードが出てきましたね。私が感じた、音楽を聴いてなんか変な感じになったのはこの「過去の再体験」なのかもしれない。

さらに詳細が書いてあります。

そして、音楽は懐かしさを容易に喚起させる刺激になるそうです。また、2011年に行われた研究では、音楽を聴いて感動し、ゾクッとする感覚が生じた時の脳活動とドーパミン量を測定。その結果、ゾクッとする感覚を期待してドーパミンが分泌され、実際に感覚が生じた時にもドーパミン量が増加しました。そして、この脳活動が、懐かしさを強く感じた時と近いとも考えられます。
つまり、音楽を刺激にしてメンタル・タイムトラベルの状態になるため、懐かしい思い出が甦りやすくなるのです。また、この効果は人間にとって何らかの報酬の働きをしているのではないかと考えられるそうです。心理学の実証研究はまだ少ないため、記憶と音楽の関係性は、今後さらに解明されていく分野と言われています。

報酬系、、、癖になる感じですね。

私の親しい人に話しまくっているんですが、最近音楽を聴くことをすごく大事にしています。私の中では、「ビジネス書を読むくらいなら音楽を聴け」が最近のキーワードとなってます。

こういう風になっているのは、それまでまったく聴いてなかったからです。10年くらい前に、「おれは、音楽ばっかり聴いているからダメなんじゃないか」と思ってしまって完全に音楽をヤメてしまいました。

小学校の低学年からずっと音楽が大好きで聴いていた。そんな幼少期、思春期を過ごしてきたのに突然音楽をヤメてしまったのは良くなかった気がする。

音楽をヤメてしまってからの10年間は本当に良くなかった気がする。2016年の厄年(後厄)が終わるまで、すごく悪い時期を過ごした気がする。

この記事で悪かった理由がちょっと解明された。脳に刺激がなかったんじゃないかと思う。単純にドーパミンが出てなかったかも。おそらく私は音楽でしかドーパミンが出ない身体になってしまったよう。。。

ちなみに、昔の記憶を思い出す脳の働きは、心の健康に関係しているそう。認知症や強いうつ状態の場合は、過去のことを思い出せたとしても、鮮明さに欠けることが知られています。

なるほど。

音楽がない私の脳はちょっと病んでいたのかも。

川口教授いわく「記憶を思い出す能力は、過去の経験を生かして未来をプランニングする能力と相関があります。懐かしさを感じることは、将来の人生設計に役立つと思いますよ」とのこと。たまには、昔の音楽を聴いて、記憶を振り返ってみませんか?

この部分は仕事に関係しているように思う。

まだまだ私の脳は眠っていて、病んでいる状態だから、もっともっと音楽を染み込ませて復活せねば!

ちょっと続きのような記事も書いた(2017年3月8日)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。