ラジオの良いところ

私はラジオが昔から大好きです。

おそらく、小学校時代からラジオが好きでした。特に中学、高校時代にはテレビよりもラジオを聴いている時間の方が多かったかもしれない。

それくらいラジオを聴いていた。

中学校、高校時代はヤンタン(ヤングタウン)という22時から24時までの番組を聴いていた。

曜日ごとにパーソナリティーが違っていて、私が聴いていたのは、月曜日の「さんま」、水曜日の「小枝」、木曜日の「紳助」、土曜日の「鶴瓶」で、木曜日が「ダウンタウン」に変わってからは必ず聴いていた。

そのころの私の「ダウンタウン」はテレビタレントではなく、ラジオパーソナリティという感じだった。

高校卒業して、夜更かしをするようになってからは、オールナイトニッポンを聴くようになった。そこで「電気グルーヴ」を知ってかなりハマった。

もうちょっと大人になってからは、「ナイティナイン」のオールナイトニッポンを聴いて、最近は「オードリー」のオールナイトニッポンを聴いてる。

なぜラジオ?

なぜ、ラジオが好きなのだろう?とずっと思っていた。

ラジオを良く聴いている人というのは、すごく少ないから話題にもできない。あと、ラジオのイメージはとにかく暗いなぁと(笑)。

ラジオを聴いて、笑ったり、いろいろ感じたりする。それがすべて一人で自分の部屋だったりする。複数でラジオを聴くなんてことはあまりないし。

マンツーマンで語りかける

昨日こんなツイートを見た。

水道橋博士がラジオ(J-WAVE)で話したことみたいです。

マンツーマンで語りかけてくる。本当に、これだなって思った。

ラジオってだいたいテレビではできないようなヤバイネタだったり、下ネタだったりするけど、どうしてもパーソナリティ自身の考え方がとかがすごく出てくる回があったりする。

その時は、直接的な言葉でメッセージを話しているのではない。しかし、伝わることがある。

例えば、ダウンタウンだったら「何が面白くて何が面白くないのか」というメッセージが毎回あった気がする。

電気グルーヴは人気だったオールナイトニッポンを音楽に集中するからという理由でやめた。同時にテレビ番組の方もやめていた。人気があったからそれは大事にするのだと思っていた。けど、自分たちのやりたいことを優先した。

見えないメッセージ

彼らが意識せずに発信するメッセージが、部屋で一人でぼんやり聴いている少年(昔)の脳に突き刺さる。

同じ部屋にいて普通に話しをしている感じで言葉が届いてくる。まさに、「マンツーマンで語りかけているように聞こえる」。

彼らの価値観(かっこいい、かっこ悪い)や彼らの人生の選択を、ラジオは直接感じることができる。

まとめ

ラジオで人気出る人たちは実力があるから、そういう人たちに影響されるのはすごい良いことのように思う。

変なまとめですが、水道橋博士が書いているように特に思春期はラジオを聴くべきだと思う。

このブログもラジオの最初のトークのようなブログを書けたらいいなと思っている。なかなか、プロのしゃべりレベルには届かないと思うけど、そうなれればいいなと思っている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。