言いたいことなどほとんどなかった

ブログを始めた時は、いろいろ書けることがたくさんあると思っていた。

Web系のこととか、運動のこととか、自分が今後どうしていきたいのかとか、世の中に対してとか。メモもどんどん溜まっていた。

実際にブログを作ってみたら、文章は変だったがそれなりに思っていることを書くことができた。

しかし、すぐに尽きた。書き続けるのは1ヶ月も続けばいいほうだと思った。

当初、自分にはいろいろ書けることがあると思っていたが、実際に書き始めて重要なことに気づく。

それは、もともと書けることなんてほとんどなかった、ということ。

頭の中ではもやもやしているから、たくさんの言いたいことや書きたいことがあるように感じてしまっている。

しかし、文章にして整理するとそれほどではない。

頭の中で考えていることはたくさんあったかもしれない。

私の考えていたことはそもそも「質」が低かった。大したことがなかったというのかも。文章にして整理すると2〜3行を書いたら、すぐに「それがどうしたの?」と問いかけてくる。

その問いには答えることができない。

文章にして初めて頭の中で考えていることなんて、たいしたことではないと気づた。気づいてしまった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

順番

何が問題だったのか。

頭の中でもやもやしている段階は論理的ではなかった。

このことには、自分ではよくわかっていなかったが、押井守さんの『コミュニケーションは、要らない』を読んで気づいた。

論理的思考の欠如とは、つまり「一から順番に考えられない」ということだ。

私がブログを書いてわかったのは、このことだった。

私の「もやもや」を構成していた要素は、順番に並んでいない。幼稚園で遊ぶ天使たちのように、それぞれがそれぞれの方向に向かって走り回っている。

そして、押井守さんはこう続ける。

正しい思考の道筋がわからないから、問題が発生したとき、自分にとって何が必要な情報なのかもわからない。だから、できる限り多くの情報を集めて安心を得ようとし、結果、その情報に振り回されることになる。

はい、ビンゴ!

私がブログを書き出した時、思考の筋道がないから何を書けばいいのかわからなかったのだ。

ここでは安心しようとして多くの情報を集めてしまうことが書かれているが、私は自分の頭の中にはもやもやしたのものがたくさんあるから情報は充分にあると思っていた。

それは、ただの思い違いだった。

自分客観装置

私は自分の能力や勘違いに気づくことができるのが、ブログの醍醐味だと思っている。

今のブログになる前は、広告でお金を得ようとか、注目されようとか思っていた時期もあった。実際に、アクセスをたくさん集めるようなブログの書き方を読んで、アクセスを集めるためのブログを書いたりしていた。

しかし、アクセスは集まらないし、それは楽しいと思えなかった。

ブログは、客観的に自分を見れたり、自分の能力がどのくらい低いかを確認できる。そして、頭の中ではえらそうなことが渦巻いているけど、実際は薄っぺらくて、言いたいことなど何もないことに気づけるのが良いと思っている。

その後は

その後は、本を読めば論理的な文章構成に関心がいくし、引用の多彩さや、比喩のわかりやすさに気づくことができる。

そして、自分が好きな作家は、本1冊を通して「言いたいこと」が一貫していることがわかる。

それはちょっとした「もやもや」を表面的にかき回しているだけではなく、深く論理的に考えられていることがわかる。それがわかれば、本を読むのは楽しい。

ちなみに、私は、3年後にはまともなブログが書けていると思っている。3年後に「まだまだです」というブログ記事を書いていないこと祈る!

プレイリスト

雑誌「WIRED」の特集『サイエンスのゆくえ』に影響を受けて、このブログのプレイリストを作ってみた。

  • 空洞です:ゆらゆら帝国
  • N.O.:電気グルーヴ
  • そして僕は途方に暮れる:大澤誉志幸
  • Space Oddity:デヴィッド・ボウイ
  • それはただの気分さ:Fishmans
  • 夜の煙突:森高千里
  • 明るい未来:never young beach

ぜひYouTubeとかで探して聴いてみてください。

言いたいことなどほとんどなかった

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。