31>14

2016年の初めの頃はゴシップ満載でしたね。

ミュージシャンとタレントのあの恋愛ゴシップで、ずっと私の心にあったことが、本当にそうなのかもしれない、と思っていました。

14才のころは「中2病」と言われていて、人生において「魔」の期間と言われてます。

私も振り返るとちょっとおかしかったな、とは思う。この頃は、身体から変な物質が出ているのかわからないが、「全能感」とか「おれは生まれついての天才感」が強まる。振り返っても、自分も周りの友だちもみんなイタい状態でした。

しかし、私には14才よりも怖い期間があるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

31才

それは、31才です。

実際は、31才だけではなく29才くらいから発病していると思ってます。

この頃、なんかおかしかったです。31才以上の人、この頃おかしくなかったですか?

特に恋愛系のこと。私がそうでした。

29〜31才くらいのときのあれは、いったい何だったんだろう?とよく思ってます。

14才のころは、たとえおかしくなってもお金も自由もないので何もできません。しかし、29〜31才は、お金も自由もたくさんあるので、おかしくなったときのインパクトが大きい気がします。

大人の自由がイタさを何倍にも膨らませます。

注意しよう

今から大人になる人は14才を振り返って笑う前に、31才に気をつけよう!

私は大丈夫だと思っていても、なにか自分ではない何かに支配されてしまいます。注意して、自分を客観視していれば気づけると思います。

番外

私の過去の経験では、14才と31才がなかった人は41〜43才ごろに発病してしまうことがあるように思ってます。

それは、過去の上司とかの事例です。この第3期におかしくなったら本格的に手を付けれないようになってしまうので、これは本当に注意ですよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。